スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チチェン・イッツア。

実はダイビングを始める前は山や遺跡が大好きで、時間さえあればバックパックを背負って出かけていた私、まだまだ世界中行きたいところだらけです。チチェンイッツアも子供の頃に読んだ本に載っていて、いつかは訪れたいと思っていた場所の一つでした。
以前訪れたエジプトのピラミッドは人、王、権力を色濃く表していたような印象を受けましたが、チチェン・イッツアのピラミッドは形は似ているものの何だか自然に対する気持ちが強く現れているような気がします。正確な天文学により東西南北に面した階段はそれぞれ91段、そして天辺に大きな台が。
つまり、91×4面で364、+最上段で365段となるのです。太陰暦ではなく太陽暦を使っていたことから見てもその正確さがわかります。
そして、春分の日と秋分の日だけにククルカン(マヤの最高神で羽の生えた蛇)に本当に羽が生えるそうです。(残念ながら今の時点ではピラミッドや他の遺跡に登る事はできません)

エジプトと遠く離れたこの場所でピラミッド。本当に関わりがなかったんでしょうかね~?
ベーリング海峡を越えて南北アメリカ大陸まで到達して文化を築いたモンゴロイド、太平洋を股にかけるパシフィックアイランダー、そんな人々がいたことを考えるとアフリカ大陸との交流がなかったとは言い切れないですよね。

雨雲が湧き上がるククルカンのピラミッド。

chichenitza036 のコピー

戦士の神殿、この上にはチャックモール像があって、生贄の心臓や供物が捧げられたそうです。

chichenitza035 のコピー

こっちは球戯場、サッカーに似た球技で腰でボールを打って高いところにあるリングに入れるものだそうです。
しかし、現代のサッカーと違って、まさに命がけです。
勝った方(負けた方という説も)が生贄になるのです!!

IMG_8042 のコピー

かなりひろいフィールド。
こちらがわから手を叩いたり大きな声を出すと向こう側まで届くしくみになっています。
あっちからは叫んでも聞こえません。

kohbon006.jpg

両サイドにはククルカンが長~く伸びています。

chichenitza003 のコピー

この泉は雨乞いの為の生贄のセノーテです。ここには何十体もの生贄と黄金の飾り等が放り込まれたそうです。何とも恐ろしいことですね…。でも現代の慣習も未来には同じように語られるものがあるかもしれませんね…。

chichenitza037 のコピー

そしてこのあと天気が・・・。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/20(日) 23:45:24|
  2. メキシコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ナースシャーク。 | ホーム | メキシコも美味い!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hayatine3.blog83.fc2.com/tb.php/246-f827b4f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。