スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

またしてもニョロニョロ系。

なぜかニョロニョロ系が多い岩手の海。
初めて見た人にはおどろおどろしい?魚達が住んでいます。
(慣れてくると可愛らしく感じる、かも・・・)
河童や座敷童子といった妖怪が沢山住むといわれる岩手ですが、海の中にも妖怪がいっぱいです。

写真の魚は、
ニシキギンポ科・タケギンポ
北海道から九州、渤海、黄海にも棲息。
リュウグウハゼ達が住んでいる岩場や砂地よりも藻場、アマモ場の根に隠れていることが多いです。
体長20cm程、硬い背びれ、ニョロニョロと水底を泳いでいく様はまさに蛇。私も始めて目にした時は蛇だと思って少し驚きましたが、そんな見た目とは裏腹に穏やかな魚なのでじっくりと観察することができます。ゴカイの仲間や小さな甲殻類が主食。

takeginpo

蛇好きな人にはもってこい?ですね・・・。
スポンサーサイト
  1. 2009/07/11(土) 02:17:48|
  2. 岩手
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小麦色。 | ホーム | 飯碗。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hayatine3.blog83.fc2.com/tb.php/404-c0d76ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。