スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アキギンポ。

どの海でも毎年会える馴染みの魚たちがいます。
岩手だったらフサギンポ、タオだったらギンガハゼみたいに。
何ヶ月ぶりかに会うと笑顔で話しかけたくなります。冬を越えて逞しくなったな~とか。

また、その年その年で見られる生き物が違うのも事実。今年はキヌバリが多かったり、アキギンポの幼魚が多く見られます。ウミウシも去年まで見たことがないものが多数いたり。海藻も増えてきました。
春夏秋冬は一年だけれども、自然界、生きもの達の周期は無数にあって、複雑に重なり合って、絡み合っている気がします。

毎年同じ海で潜っているつもりで、実は違う海に潜っているんですね~。

アキギンポ

アキギンポの幼魚。フサギンポと同じタウエガジ科ですごく幼魚同士は似ていますが、頭の上のフサも小さいし体色がアキギンポの方が明るいですね。
赤い目がかわいい。でもよく見ると顔になんだか小さなお面をつけてるみたい…。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/14(水) 23:59:40|
  2. 岩手
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウニ丼。 | ホーム | エムラ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hayatine3.blog83.fc2.com/tb.php/488-a9bb4567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。